キャバクラで働くためには身分証が必要です

キャバクラなどの水商売は18歳未満の雇用は法律で禁止されて
                    いるからです。
                    そのため従業員の身分証のコピーをお店で保管することが義務付
                    けられており、これを怠るとお店が罰せられることになります。
                    本籍地の確認は、外国人の不正就労防止の目的で、これも法律で
                    義務付けられています。

本籍地の確認できる身分証は

住民票

本籍記載の住民表

パスポート

パスポート

在留カード

在留カード

などです。

「夜のお仕事をはじめるにあたって、住民票の取得を求められた のですが、悪用されませんか?」

そういった声をよく耳にしますが、ご安心ください。 体験であっても、働いてお給料をもらう以上は、身分証が必ず必要です。 特に関東よりも関西の方が、身分証の提示は厳しく、お店によっては、 法律以上に厳しい身分証提示の基準を設けているお店も少なくありません。

今現在、何をお持ちかしっかり伝えて、 身分証に不備がないかどうか確認したうえで体験に行きましょう!