キャバクラ

水商売の中で、最も一般的な業種です。ママはいません。

マンツーマンの接客が基本で、お客様の支払う料金システムは、1 時間ごとに決められています。※祇園は90 分からのセットのお店が多くあります。

入店した際の女の子のお給料システムは、時給+バック類となります。

バックは、指名バックや同伴バック、売上バック、ボトルバックなど、そのお店によっ て変動します。入店後の1か月、2か月は保障時給が設けられます。保障時給とは、たとえ指名が0 でも、時給をこれだけ保障しますよっ!という制度です。

保障期間が過ぎますと、お店の給料システムに則って、自分の指名本数や売上の額によって時給が変動します。

また高級店になり、時給が高くなればなるほど、容姿で不採用になる確率も高く、お店から求められるものも大きくなります。そういったお店は保障期間が過ぎるとノルマが 発生することもあります。ノルマが達成できない場合は罰金になってしまうことも。 未経験者の方は時給だけでお店を選ぶのではなく、まずは無理なく続けられる環境のお店で働きましょう。

ニュークラブ

キャバクラの高級店の事を、一般的にニュークラブと言われています。

でも、どこからが高級店になるのかというはっきりとした線引きはありません。

キャバクラが「当店はニュークラブです」と言えば、ニュークラブになるという非常に

曖昧なものです。

そのため、hanahina では業種検索で「ニュークラブ」は設けていません。

※北海道では、その他の地方でいう「セクシーキャバクラ」をキャバクラと呼び、「キャバクラ」をニュークラブと呼んでいます。

クラブ

お客様にとっても、働く女の子にとっても、キャバクラよりも敷居の高い業種です。ママやチーママがいます。

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

複数接客で、お客様は時間制ではなくフリータイム(席料)です。

女の子の給料システムは、日給制です。
指名制ではなく、口座制(永久指名)です。

キャバクラよりも店舗数が少ないです。

hanahina の条件検索で「クラブ」で絞り込んで検索してみてください。

ラウンジ

キャバクラやクラブに比べ、ラウンジはハッキリとした定義付けが難しい業種です。

一般的には、ママやチーママがいて、複数接客で、時給制のお店のこと。

指名があるお店もあれば、ないお店もあり、給料システムも多種多様です。

キャバクラよりもキャストの年齢層が高く、時給も若干下がる傾向にあります。

基本的には20 代のうちはキャバクラで働き、30 代になってから初めて検討する業種です。

ガールズバー

カウンターごしの接客になります。

時給はキャバクラと比べると、かなり安いですが、隣に座らないためお触りなどの心配はありません。立ち仕事で労働時間が長いのが特徴です。

時給よりも労働時間とドリンクバックで稼ぐといった感じです。

私服で勤務することもできます。特に大阪のガールズバーは、客引きをしないといけないケースが多いので、気になる方は事前に確認してください。

ケータイ 携帯サイトはこちら